行きたくない 二次会

NO!と叫ぶ女性

二次会に行きたくない理由と断り方

会社の飲み会や友人の集まり、合コンなど、なにかと複数人との集まって飲む機会は多いと思います。そんな中、盛り上がってくると必ず出てくるのが「二次会行こう」ですね。

みんなが乗り気で盛り上がっていると、なかなか一人だけ帰るとは言いづらいものです。今回はそんな二次会に行きたくない人の、行きたくない理由と断り方を紹介します。

お酒が飲めない

お酒が飲めない人にとって飲み会は楽しいものではありません。他の人は酔っぱらっていて気分もよくなるものの、一人だけいつもと変わらず平常心です。

時には飲むことを強要されることもあり、なかなか苦痛だと思います。飲めない人にとっては、これが二次会まで続くなんて耐えられません。

さらにアルコール類はソフトドリンクに比べ値段も高いのに、きっちりワリカンされてしまうことも多く、何かと飲めない人は損をします。

気を遣う

会社の飲み会などでは上司もいるし、さほど親しくもない同僚もます。そんな中、会話があまり弾むタイプではない人は飲み会の間手持ち無沙汰になります。

さらに、新人であればお酌をして回るように言われたりもします。そうした便利な役割が任されやすいと、当然二次会にも有無を言わさず連れていかれ、何かと小間使いをさせられることもあります。

疲れるだけで楽しくない時間は、一次会だけで済ませたいものです。

お金がかかる

一次会は会社負担や上司のおごりで支払いを済ませることもありますが、二次会となるとそうはいかないことも多いでしょう。

収入の多い部長や営業職ならまだしも、事務職や新入社員にとっては一日で数千円が飛ぶ飲み会は、かなりお財布を圧迫します。

毎月ギリギリで生活を成り立たせている人には、この無益な会は相当やっかいでしょう。

二次会の断り方

周囲のノリや勢いに流されてなかなか断りづらい二次会ですが、行きたくない場合は勇気をだして断りましょう。思い返してみても、これまで二次会に参加して楽しかったことは少なかったはずです。

特に説明せず帰る

みんなが二次会を当然のように決めている中、一次会の店から出たタイミングで伝えることが望ましいです。ここは唯一、人がまばらになるタイミングですので、だれか言いやすい人にでも一言伝えて帰るとスムーズでしょう。

誰しも酔っているので理由など気にしません。さりげなく「私はここで、おつかれさまでした」と笑顔で帰りましょう。

予定がある

このあと、または明日の早朝でも予定があることにしましょう。明日が早いとか、両親が泊りにくるとか、あらかじめ伝えておくとよいでしょう。

ここでのポイントは、自分都合ではなく不可効力である点です。例えば明日は朝早くから遠出するとか、飛行機のチケットを取ってあるなど、今さら変更できない予定を作りましょう。

体調不良

風邪を引いた、飲みすぎで具合が悪くなったなど、体調不良を理由に帰りましょう。風邪の場合は一次会から飲まないようにして、伏線を貼っておくのが良いでしょう。

体調不良の人を無理に引き留める人はおそらくいないと思います。周囲も心配するので嘘をつくのは気が引けるかもしれませんが、帰る手段としては有効です。

以上、二次会に行きたくない理由と断り方を紹介しました。周囲のノリを盛り下げるような気がして言い出しにくいとは思いますが、行かないためには断る勇気が重要といえます。

関連記事

手の指で×印を作る女性

【結婚 式 二次会 めんどくさい】二次会をめんどくさいと思っている人が参加を断る...

いろんなサイズの景品の箱

二次会の景品はどのようなものを選べばいいの?

祝儀袋

二次会 ご祝儀 プレゼント