【結婚 式 二次会 めんどくさい】二次会をめんどくさいと思っている人が参加を断る方法について

手の指で×印を作る女性

行きたくない二次会の誘いを断る言葉について
当初から予定されていた二次会や急に決定した二次会に一次会に参加している全員が行きたいと思っているわけではありません。

一次会の参加者の中には会に顔を出してさっさと自宅に帰ってしまいたいという人もおり、二次会に誘われた場合にはどうやって断ろうかと皆が皆二次会に意欲的というわけではないのです。

二次会の誘いを断る言葉について

二次会に行きたいくない人は、周囲の誘いを断るための言葉を用意しておかなくてはなりません。ただ「行きたくないから」と言って断ってしまうのであれば誘った側に不快な印象を与えてしまう可能性があるので、作り話でもよいので相手側が納得できる「断る理由」を事前に考えてかなくてはなりません。

断る理由の常套句としては「かえって子供の面倒を見なければならない」「明日仕事だから早く帰るね」といった自分を待っている人や明日に何か用事があることを伝えられるような内容だと相手側も納得してもらえるものです。

ここでポイントなのが自分の状況がどれだけ相手側に伝っているかであり、自分の事を熟知していることから二次会に誘われた場合には

「あなた子供いないでしょ?」
「あなた明日休みでしょ?」

と嘘が見破られてしまうので、そのような人から誘われた場合には潔く諦めるかより高度な嘘を用意しておく必要があるのです。

面識のない人ばかりの一次会ではとっとと帰るに限る

二次会に誘われない絶好の状況というのは一次会に面識のある人がいないことであり、会が終了した後にすぐさま帰路に就くことができる最高の状況です。

ですが、この最高の状況でも少数の知り合いがいれば当然二次会に誘って来る人もいるもので、ほとんどの人の面識のない二次会ほどとてつもなく嫌悪感を感じるものはなく、自分の話し相手はごく少数の二次会に誘ってきた人だけです。

その人がほかの参加者とお喋りをしているときは自分は一人でどうしようもなくつらい時間を過ごすことになりかねないので、このような二次会の誘いは多少強引でも勇気をもって断りましょう。

関連記事

いろんなサイズの景品の箱

二次会の景品はどのようなものを選べばいいの?

NO!と叫ぶ女性

行きたくない 二次会

祝儀袋

二次会 ご祝儀 プレゼント