結婚式の二次会の会費の相場はいくらくらいですか

結婚式の二次会の会費の相場

結婚式で二次会を催したカップルのうち、会費制をとっているのは全体の約7割にのぼります。会費の決め方は、食事代と景品代から逆算したり、会場費と景品代は新郎新婦の負担にして、料理と飲み物代を会費にしたり、幹事主導で金額を設定したなど様々です。

いずれにしても、披露宴も参加するゲストや新郎新婦の出費も考慮して会費を決定する傾向にあるようです。よく聞かれるのが男女で会費の額を分けたというものですが、この比率はおおよそ半々です。

こちらも理由は様々で、分けた場合は友人の二次会でも分けられていたとか、男性のほうが女性より多く飲食するからなど、分けない場合は計算が楽だったり、提供される料理や飲み物は同じだからなどがあります。

電卓を持ち難しい顔をする女性

では、実際の金額はどれくらいなのでしょう。抵抗なく支払える金額は5,000程度が最も多いようです。 また、これくらいの金額までなら、男女同額の会費に設定する場合も多いようです。

金額的にもきりが良く、参加者に同世代が多い場合は男女同額を選ぶ傾向がより多くなります。金額を分けた場合、一般的に男性側の金額が高くなりますが、その場合の不満も少なくなるようです。

一方、男女で金額を分ける場合は男女で1,000円から2,000円の差額にすることが一般的なようです。この場合、男性の会費は7,000円から8,000円程度、女性の会費が5,000円程度という設定金額が最も多くなります。

女性の場合参加する際には服装などの負担が大きいことに配慮する意味もありますし、男女の参加者で年齢差がある場合もあります。

また、男女に会費の差がある場合は、二次会で催すゲームの景品代として考慮されていることもあります。このように、二次会の会費を設定する場合は参加するゲストの人数や顔ぶれなども考慮して決めていくのが重要です。

そして最も大切なのは新郎新婦の門出を祝うものですから、新郎新婦はもとより、ゲストも参加してよかったと思ってもらえるようなパーティーになるよう心がけることです。

■二次会代行業者に依頼をすれば結婚式の二次会のレベルが上がります。
■結婚式の二次会幹事を代行|2次会本舗
■URL:https://2-hompo.com/